【SUNNYな日々】~9月4週目~

こんばんは!

先日、スマホの機種変更をしたのですが、6日目にしてやっと扱い方が分かってきた

デジタル音痴の Go です!


さて、今週は第4週目なので、通常は【ことば】に関してなのですが、

せっかくなので、先週からの続きで、スペイン旅行のお話。

(決してネタ作りが面倒くさいわけではありません!決して。。。)


5年前の今頃、バスク地方から少し南下したところにある【ブルゴス】という街にいました。

バスク地方とカスティーリャ地方を結ぶ交通の要であるのと同時に、サンティアゴ巡礼の主要ルートである、

「Camino Frances(フランスの道)」の道中にある観光客と巡礼者で賑わう街です。



この街に聳え立つ、壮大な教会【ブルゴス大聖堂(サンタ・マリア・デ・ブルゴズ大聖堂)】はスペインゴシック建築の最高傑作と呼ばれており、スペイン3大聖堂の1つでもあり、天空を衝くような尖塔をはじめ、大変見応えがあります。歴史的価値も非常に高いことから、世界遺産にも登録されております。


ブルゴスの街で巡礼手帳を入手し、人生初のスペイン巡礼が始まりました。



先ず、ブルゴスを出るとメセタという乾燥した高原が広がり、まるでドラゴンクエストの世界に迷い込んだかのような景色が広がってます。

余りにもの絶景にテンションが上がり、アドレナリンが大量に分泌されてたせいか、かなりのハイペースで歩きました。途中、羊の群れに出くわしたり、青い空と果てしなく続く道に感動したり、道行く人にBuen Camino!(良い巡礼を!)と挨拶を交わしたり、なんやかんやで初日から33㎞程歩く。

そして、次の日かつてない程の筋肉痛と足の裏の豆地獄に襲われることにより、40歳オーバーの男が

12キロの荷物を背負って調子のって1日で33㎞歩くと、ロクなことが無いという事を身をもって証明しました!


さて、残り90㎞をどうやって歩いたのかは、また次回!(いつか気が向いたら続き書きます。)



では、また来週👋















最新記事
カテゴリー
アーカイブ